【夏のロングカーディガン】おしゃれな着こなし・コーデ10選

体型カバーにも紫外線対策にも冷房対策にも使える、夏の万能アイテムといえばロングカーディガン!

ロングカーディガンを取り入れるとちょっと重くなりがちですが、夏らしい着こなしにするには、素材や色に気を付ければたっぷり活躍してくれます。

具体的にどんな着こなしをすればいいのか、どんな取り入れ方をすればいいのか迷っている人のために、夏のロングカーディガンのおしゃれな着こなしコーデをご紹介します。

程よい透け感のロングカーディガンなら夏でも涼しげな印象に

夏のロングカーディガンコーデ
出典:https://ur-s.me

ロングカーディガンを羽織ると、どうしても重く暑苦しい印象になってしまう、という人は、程よい透け感かつ 爽やかな色味のロングカーディガンを取り入れてみましょう。

インナーはホワイト系で統一することで、サラッと涼しげな印象をプラスできますよ。

首元がすっきり見えるように、Vネックなどデコルテが見えるデザインのトップスを合わせるのもカギ。
袖をちょっとまくって抜け感もプラスしてくださいね。

ユアーズ ロング カーディガン

ボタンレスのロングカーディガンはラフな印象たっぷり

夏のロングカーディガンコーデ
出典:https://brandavenue.rakuten.co.jp

リラックス感のあるデザインのロングカーディガンなら、ちょっと重めの素材でも夏っぽく着こなすことができます。

ボタンレスのデザインなら、さらりと着こなせるのでおすすめです。

透け感のない素材のカーディガンを選ぶときは、インナーは肌見せを楽しめるタンクトップやキャミソールをチョイスしましょう。

シューズも足の甲がしっかり見えるものを選ぶと、すっきりまとまります。

AMERICAN HOLIC ロング カーディガン

スリット入りのロングカーディガンでワイドパンツでも軽く見える

夏のロングカーディガンコーデ
出典:https://cdn.shop-list.com

夏のロングカーディガンのもうひとつのポイントが、スリットです。

スリット入りのカーディガンなら、どんなアイテムと合わせても涼しげに見えるのが魅力。

全体のトーンを合わせると、柄もののワイドパンツを選んでも軽い印象になりますね。

カーディガンをやや濃い色にし、パンツ、トップスが徐々に薄くなるように、きれいなグラデーションを意識してコーデを組むと、おしゃれ度がグッとアップしますよ。

ARGO TOKYO ロング カーディガン

全体をホワイトトーンでまとめることでロングカーディガンもすっきり

夏のロングカーディガンコーデ
出典:https://image.rakuten.co.jp

ロングカーディガンのコーデというと、ボトムスはパンツを合わせるのが王道といったイメージですが、実はスカートとの相性も抜群なんです。

程よいボリュームのあるプリーツスカートに、カジュアルなTシャツを合わせて、きれいめカジュアルスタイルにロングカーディガンをプラスしましょう。

重く見えないポイントは、全体をホワイト系でまとめることと、カーディガンとスカートの丈感を合わせること。

サイズ感を気にするだけで、よりすっきり魅せることができますよ。

神戸レタス サマーニット カーディガン

ニットレース×デニムの組み合わせは夏のスタイリングにぴったり

夏のロングカーディガンコーデ
出典:https://image.rakuten.co.jp

夏感たっぷりの着こなしにしたいなら、ニットレースのロングカーディガン×デニムの組み合わせがおすすめです。

ホワイトとブルーでコーデを組むことで、夏らしい涼しげな印象をプラスできますね。

パンツはすっきり見えるように、やや細めのシルエットやフレアシルエットを選ぶのがおすすめ。

足首が見える丈感にすることで、ロングカーディガンの重さを軽減してくれます。

クロシェ ロングカーディガン

インナーをホワイトで統一するとグレーのロングカーディガンが映える

夏のロングカーディガンコーデ
出典:rakuten.ne.jp

いつものカジュアルスタイルにサラリと1枚羽織るなら、グレー系のロングカーディガンをチョイスするのがおすすめです。

夏にグレーだと暑そうな印象ですが、トップスとボトムスをホワイトで統一することで、涼しげになるだけでなくグレーカラーを引き立ててくれます。

ホワイト×グレーはボヤっとした印象になりやすいので、トップスにフォトプリントのTシャツを合わせるなど、奥行きが出るアイテムを選んでくださいね。

Pierrot  ロング カーディガン

タンクトップにはシアー感たっぷりのロングカーディガンを合わせるのがおすすめ

夏のロングカーディガンコーデ
出典:https://cdn.shopify.com

夏でもやっぱりブラック系のアイテムを取り入れたい! という人には、シアー感たっぷりのロングカーディガンがおすすめです。

肌が見えるくらいの透け感なら、ブラックでも重く見えません。

さらにインナーにはタンクトップをチョイスして、大胆に肌見せして着こなすのもポイントです。

色選びで迷ったら、ブラック×ホワイト×カーキの3色を選んでおけば間違いありませんよ。

ROPÉ PICNIC カーディガン

程よい丈感のカーディガンはリラックス感のあるアイテムとマッチ

夏のロングカーディガンコーデ
出典:https://cdn.shopify.com

透かし編みのサマーニットカーディガンは、夏になったら取り入れたいアイテムのひとつ。

サマーニットとはいえ、やっぱり重さが気になるので、全体的にリラックス感のあるアイテムでまとめるのがおすすめです。

インナーはタンクトップ、ボトムスはとろみのある素材のものを選ぶと、涼しさをプラスしつつきれいめに着こなせますよ。

色味も全体を同系色のものでまとめるのがポイントです。

SALON adam et ropé カーディガン

ベージュ系のカーディガンにはホワイト系を合わせて大人っぽく

夏のロングカーディガンコーデ
出典:https://cnt.lumine.jp

どんな色のロングカーディガンを選べばいいか迷っているなら、ベージュ系が夏コーデにも使いやすくおすすめです。

ベージュ系なら丈感の長いアイテムでも柔らかい印象になりますし、ロングカーディガンでも重く見えません。

さらに夏らしさをプラスするためには、インナーにタンクトップはマスト!

トップスもボトムスもホワイト系で統一すれば、より涼しげな着こなしが完成しますよ。

ROPÉ PICNIC カーディガン

ワントーンでまとめるとリラックス感のある組み合わせもきちんと感アップ

夏のロングカーディガンコーデ
出典:https://cnt.lumine.jp

大人っぽさとカジュアルな雰囲気、それに夏らしい涼しさを取り入れたいなら、ホワイトやベージュのワントーンでまとめるのがポイント。

タンクトップにワイドパンツという組み合わせだと、リラックス感が出すぎてしまいますが、これにロングカーディガンをプラスすることで、きちんと感を演出できます。

バッグやシューズもワントーンでまとまるようにこだわるのもカギですよ。

ベージュ ロング カーディガン

Followして"ファッションの新着情報"をチェック!
namy224
夫と娘それに猫3匹で暮らしています。学生のころからおしゃれが大好きで、今はプチプラをプチプラに見せない着こなしを日々研究。頑張りすぎないトレンドコーデが私のモットーです。

合わせて読まれている記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA