「男子高校生」知っておきたい!男子高生に人気のハイブランド10選

誰もが憧れるハイブランド。実は名前は知っていてもその歴史や背景、デザインの特徴まで詳しく知っている人は案外少ないようです。

この記事では、服好きな男子高校生なら知っておきたい、人気のハイブランドを紹介します。

短めにサクッと紹介しているので、興味のあるブランドはとことん調べてみてくださいね。服について知ると着ることが楽しくなりますよ!

近年はハイブランドでもストリートのトレンドが盛んなので、なかなか手が出なくても、真似できるスタイリングなら見つかるかもしれません。

「Y-3」ワイスリー

男子高生に人気のハイブランド
出典:https://media.wwdjapan.com

ワイスリーは日本のコレクションブランドのヨウジ ヤマモトとアディダスがコラボしたスポーツファッションブランドです。2003年にコラボブランドとしてワイスリーが登場しました。

ヨウジヤマモトのブラックを基調とした独特でモードなデザインとアディダスのスポーツメーカーならではの技術による、スタイリッシュで高機能なファッションアイテムが人気。スポ―ツ×モードなテイストのスニーカーやTシャツ、キャップ、パーカー、アウターなどを展開しています。

様々な年代にファンがいて、有名人の間でも愛用されている人気ブランドです。

「UNDERCOVER」アンダーカバー

男子高生に人気のハイブランド
出典:https://store.undercoverism.com

1990年創立、デザイナー高橋盾による日本のコレクションブランドです。

90年代に裏原ブランドの代表格として人気になり、今では世界中に根強いファンがいます。

”ストリートとモードの間”を軸に、「セックス ピストルズ」に強く影響を受けたデザイナーによるパンク要素を取り入れたデザインが特徴。

長年愛されているブランドですが、90年代がトレンドの今だからこそ新鮮で憧れる高校生も多いようです。時には独特なカラープリントだったり、フェミニンだったりと時代の一歩先を行く魅力的なアイテムが多く揃います。

「OFF-WHITE」オフホワイト

男子高生に人気のハイブランド
出典:https://dbcn1bdvswqbx.cloudfront.net

2012年創立、デザイナーヴァージル・アブローによるイタリアのブランド。コンセプトは「ラグジュアリーなストリートウェア」です。

特徴的な力強いグラフィックデザインとイタリアやポルトガルでの製造による上質なストリートウェアでファンを増やして行きました。

熱狂的なファンと国内外の著名人の着用によって爆発的にその人気は伸び、今でも入手困難アイテムが出るほど。特にTシャツ・パーカー・ブルゾンが人気で、代表的な黒と白の斜めストライプのグラフィックデザインは街中でも見る機会が多いです。これからも大注目のストリートブランドですよ。

「Supreme」シュプリーム

男子高生に人気のハイブランド
出典:https://upload.wikimedia.org

1994年、ジェームス・ジェビアによるニューヨークのスケーターブランド。スケーターブランドには珍しい、シューズ以外のアパレルアイテムで展開しています。

元々はスケーター用のアイテムを取り扱うセレクトショップで、オリジナルアイテムは数点のみでした。そこから徐々にシュプリームのデザインが人気になり、現在の形になっています。

誰もが一度は見たことのあるボックスロゴをはじめ、様々な代表アイテムがあります。さらに、コラボアイテムでも多くの話題を集ており、シュプリーム×ルイヴィトンのコラボでは店頭に大行列ができる熱狂ぶりでした。

世界中にコレクターがいるブランドとして知られており、セレブや有名人にもシュプリームのファンは多くいます。ストリートブランドの中でも飛び抜けた人気のブランドです。

「Louis Vuitton」ルイ・ヴィトン

男子高生に人気のハイブランド
出典:https://cld.fashionsnap.com

1854年、創始者ルイ・ヴィトンによるフランスのラグジュアリーブランドです。コンセプトは”旅”。元々、旅行用トランクを専門に販売していたことから、代表的なアイテムはトラベルラゲージやバッグです。

誰もが知っているモノグラム・ダミエは、70年代後半ヨーロッパでのジャポニズムブームにより日本の家紋や市松模様にインスピレーションを受けて誕生しました。

現在のメンズコレクション アーティスティック・ディレクターはオフホワイトのデザイナーヴァージルアブロー。ルイヴィトンのラグジュアリーさにストリートの要素をミックスしたデザインが人気となっています。

多くの人が手に届くブランドではありませんが、近年のルイヴィトンはストリート系のブランドとコラボをしていたりと話題性に富んでいるので注目です。

Louis Vuitton

「DOLCE&GABBANA」ドルチェ アンド ガッバーナ

男子高生に人気のハイブランド
出典:https://lh3.googleusercontent.com

1985年、ミラノコレクションにデビューしたイタリアのラグジュアリーブランド。ドメニコ・ドルチェとステファノ・ガッバーナが設立。

デザインのインスピレーションは”シチリアの強い女”。セクシーでエレガントなデザインはメンズ・レディースともに優雅で華やかな魅力があります。取り扱いは服だけではなく、バッグ、靴、香水など様々なアイテムが展開されています。

近年では世界の有名トップブランドもストリート系を取り入れていますが、ドルチェ アンド ガッバーナでも今までの華やかなスタイリングにスニーカーを合わせたり、アイテムにブルゾンを選んだりと上品に取り入れています。

余談ですが、2012年にセカンドラインD&G(ディーアンドジー)は統合されなくなっています。

DOLCE&GABBANA

「Gucci」グッチ

男子高生に人気のハイブランド
出典:https://item-shopping.c.yimg.jp

1921年、創立者グッチオ・グッチによるイタリアのラグジュアリーブランド。レザーグッズを取り扱うファクトリーとショップからスタートしました。

有名なデザインは50年代に作られた緑・赤・緑のライン状の織物や60年代に誕生した二重のGロゴ。アイテムはビットローファー等、長年の定番として知られているアイテムが多数あります。

現在、クリエイティブ・ディレクターのアレッサンドロ・ミケーレがデザインするグッチでは若い年齢層からも注目を浴びています。今までのグラマラスで豪華なイメージを一新し、ジェンダーレス・ストリート・レトロなGUCCIに変わりました。緑と赤のラインや二重のGロゴを使い、ヴィンテージのような雰囲気とデコラティブなデザインを組み合わせたスタイリングが人気です。

コムデギャルソンやノースフェイスとコラボをしたり、今までとは違った取り組みも注目されています。

「Fendi」フェンディ

男子高生に人気のハイブランド
出典:https://ginza6.tokyo

1925年、創立者アドーレ・フェンディとエドアルド・フェンディ夫婦によるイタリアのラグジュアリーブランド。革製品のお店を創業した当時、ハリウッドで流行していた毛皮の襟巻きに着目し、独自に毛皮のコートを製造・販売して成功したことから始まっています。

代々女性が経営・クリエイションに関わっていることから、女性的なデザインが多く作られていることも特徴です。

代表作は多々ありますが、ズッカ柄と呼ばれる”F”を上下に配置したデザインやバゲットと呼ばれるアイコンバッグが有名です。ズッカ柄は近年、レトロでオシャレとメンズの間でも人気に。大胆にズッカ柄の入ったアウターやニットなどが注目されています。

現在ウィメンズのアーティスティックディレクターであるキム・ジョーンズのコレクションも話題を呼んでいます。

「BURBERRY」バーバリー

男子高生に人気のハイブランド
出典:https://media.gqjapan.jp

1856年、創立者トーマス・バーバリーによるイギリスのラグジュアリーブランドです。ロンドンで開業した洋服店からスタートしました。

もっとも有名なアイテムはトレンチコート。その歴史は100年以上にのぼります。トレンチコートについては調べれば調べるほど面白いので、興味のある人はぜひ調べてみてくださいね。

さらに、バーバリーと言えばチェック。1920年代に”バーバリー・チェック”が生まれました。コートの裏地用にデザインされたことで誕生しましたが、現在ではマフラーなど小物にも使用されています。学生服にもよく合うことから、マフラーを使っている男子校性も多いのではないでしょうか?最近はストリート系のスタイリングとしてシャツやブルゾンなどバーバリーチェックを取り入れたコーディネートもよく見かけます。

ヴィンテージも人気ですが、1999年以前は”Burberrys”それ以降は”BERBERRRY”とタグで年代が分かったり、知っておくと面白いですよ。

「BALENCIAGA」バレンシアガ

男子高生に人気のハイブランド
出典:daimaru.co.jp

1918年、創立者クリストバル・バレンシアガによるフランスのラグジュアリーブランド。

クリストバル・バレンシアガは、「クチュール界の建築家」とも称されるファッションデザイナーです。斬新で芸術的なスタイルはファッション界に多大な影響を与えました。

バレンシアガはウェアからシューズ、バッグなどアクセサリーまでトータルで展開していますが、最近身近によく見るアイテムではミニ財布が有名です。

現在のアーティスティックディレクターはヴェトモンのデムナ・ヴァザリア。バレンシアガ初のアジア系デザイナーです。ロゴマークが代わり、服はストリート系のデザインになりました。

デムナ・ヴァザリアは元々メゾンマルタンマルジェラ時代にデザインを学び、その後ラグジュアリーストリートの火付け役として有名なヴェトモンをスタートしています。そういったデザイナーの経緯からも現在のバレンシアガはストリート界で注目のブランドです。

Followして"ファッションの新着情報"をチェック!
kinjo7y
ファッション業界で10年近く働いています。デザイナーズブランドからヴィンテージなど幅広く好きです。趣味は古本屋さんで古本探し。丁寧な暮らしに憧れて植物や器・インテリアをコツコツ収集している傍ら、スマホゲームにどハマり中。私にとってファッションは日々を楽しくしてくれる、気分を盛り上げてくれるものです。ファッションの楽しさ・ワクワク感を皆さんにもお届けできたら嬉しいです。

合わせて読まれている記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です