アメリカ発!アウトドアウェア(アパレル)が人気のブランド10選

機能的で着心地の良いアウトドアウェアは、キャンプや登山などの本格的なアウトドアだけではなく、普段着として使用している人も多いですね。

機能性の上に、タウンユースとしてもしっかり街に溶け込めるおしゃれなデザインが魅力です。

今回は、アウトドアの本場アメリカ発のアウトドアウェアブランドをピックアップ。

ここだけは是非押さえておきたい人気ブランドを厳選しています。ウェアや小物選びの前にチェックしてみてくださいね。

「Patagonia」 機能性とファッション性プラス環境保護!

アメリカのアウトドアブランド
出典:news-ec.jp

機能性とファッション性に加え、オーガニックコットンを使用したTシャツ、リサイクルポリエステルを使用するなど、環境保護にも積極的に取り組む「パタゴニア」。

登山やサーフィン、スキーやスノボなど幅広いアウトドアウェアを提案しています。

定番となっているレトロXなどのフリースを使用した防寒アイテムをはじめ、「パタゴニア」のロゴTシャツやスウェットなどはタウンユースとしても人気。

ベビー&キッズからメンズ、ウィメンズまで、どの年代にもマッチします。

Patagonia(パタゴニア)

「THE NORTH FACE」 タウンユースとしても絶大な人気!

アメリカのアウトドアブランド
出典:https://sora.itembox.design

タウンユースとしても絶大なる人気を誇る「ザ・ノース・フェイス」は、おしゃれなアウトドアウェアの定番ブランド。

赤や黄色といった原色や鮮やかなカラーが使われていることが多く、ウェアだけでなく、バッグや小物なども人気があります。

特にダウンジャケットは、「ザ・ノース・フェイス」の真骨頂ともいうべきアイテム。こちらのジャケット類は防風、防寒、耐水性などクオリティーも高く、一度手にすると手放せなくなりますよ。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)

「SIERRA DESIGNS」 マウンテンパーカーならここ!

アメリカのアウトドアブランド
出典:https://feature-tool.bcg.staff-start.com

「シエラデザインズ」は1965年にカリフォルニアで誕生したアウトドアウェアブランド。

代表作の60/40(ロクヨン)マウンテンパーカーは、横糸にコットン60%、縦糸にナイロン40%という配合で織られており、この絶妙な比率が高機能を生み出しています。

そのほかにも、本格的なダウンジャケットやコート、ベストなど、ジーンズにぴったりのワイルドでアメリカンな雰囲気のアイテムが揃っています。

SIERRA DESIGNS(シエラデザインズ)

「Columbia」 スタイリッシュで機能的

アメリカのアウトドアブランド
出典:https://img.himaraya.co.jp

「コロンビア」は、オレゴン州の小さな帽子屋さんからスタートし、今では世界的なアウトドアウェアブランドとなっています。

カラフルなカラー展開が特徴で、高機能なのにお値段も手頃という理由からタウンユースとしても幅広い年齢層から人気があります。

釣りやハンティングなどのアウトドアが原点となっており、フィッシングベストや重ね着システムのパイオニアとしても有名です。

「GRAMICCI」 履き心地、シルエット抜群のパンツ

アメリカのアウトドアブランド
出典:news-ec.jp

ロッククライミングをメインとしたスポーツやアウトドアウェアを提案する「グラミチ」は、個性的なキャラクターのランニングマンがブランドアイコンとなっています。

こちらの人気アイテムは、ショートパンツやNNパンツ。片手で簡単に調節できるベルトや180度自然に開脚できる独特の機能が装備されています。

履き心地や抜群のシルエットに加え、カラーバリエーションも豊富。シンプルなデザインですが、オシャレに着回しできるおすすめのアイテムです。

「Marmot」 高機能素材を開発!

アメリカのアウトドアブランド
出典:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

1974年にコロラド州で誕生した「マーモット」は、アウトドアブランドとして初めてハイテク素材であるゴアテックスを使用。その後も高機能素材の開発に力を入れる機能性抜群のアウトドアブランドです。

こちらの人気アイテムは氷点下にも耐えられるダウン。ジャケットやパンツ、ベストなど軽量で暖かいアイテムが揃っています。スキーやスノボにも最適ですよ。

「KAVU」 チロリアンテープがアイコン

アメリカのアウトドアブランド
出典:https://img.aandf.co.jp

ワシントン州のシアトルを拠点に展開するアウトドアウェアブランド「カブー」は、漁の現場に耐えられるサンバイザーからスタートしたブランド。

強風にも飛ばされにくいストラップキャップなど、チロリアンテープを使った独特のデザインが特徴です。

サンバイザーやバケットハットなど種類豊富なヘッドウェアに加えて、現在はおしゃなデザインのTシャツやパンツ、小物なども人気アイテムとなっています。

KAVU(カブ―)

「KEEN」 ユニークなデザイン!機能性も抜群!

出典:https://image.rakuten.co.jp

ハイブリッドライフをスローガンに掲げる「キーン」は、アウトドアシーンには欠かせないフットウェアブランド。

今までありそうで無かった、つま先を保護するサンダルで人気を博しています。

ユニークでカラフルなサンダルは、キャンプなどのアウトドアはもちろんおしゃれなタウンユースとしても人気があるアイテムです。

現在はサンダルだけでなく、スエードやフリース素材を使用した保温性のあるシューズやブーツなども展開しています。

「WILD THINGS」 おしゃれなデザインに注目!

アメリカのアウトドアブランド
出典:strapya.com

「ワイルドシングス」はアメリカを代表する登山家夫婦によって1981年に設立されたアウトドアウェアブランド。

デナリジャケットをはじめとするアウター類やクライミング用品が人気アイテムです。

米軍の特殊部隊にも納入されるなど機能性は折り紙付きですが、アウトドアっぽくないスタイリッシュな見た目が人気の秘密。

有名ブランドとのコラボアイテムや別注ブランドも多く、注目を集めているブランドのひとつです。

WILD THINGS(ワイルドシングス)

「Cape HEIGHTS」 着回しできるミニマルデザイン

アメリカのアウトドアブランド
出典:https://image1.shopserve.jp

ニューイングランド州の工場として誕生した「ケープハイツ」は、1994年にオリジナルブランドとして「ケープハイツ」をスタート。

シンプルで機能的なアウトドアウェアを提案しています。

人気アイテムのダウンジャケットなど、アウター類は、アウトドアはもちろん、通勤にも使えるミニマルなデザインが特徴。

キレイめにもカジュアルにも自在に着回しができるおすすめのアイテムです。

Cape HEIGHTS(ケープハイツ)

Followして"ファッションの新着情報"をチェック!
ライター:VIBHOOTI(ビブーティー)
婦人服の企画、デザイナーを経て出産後は「我が子に着せたい服」をテーマに子供服のブランドを立ち上げ、我が子が子供服を卒業するまでの12年間インディーズブランドとして活動。子育ても終盤の現在、ライターの仕事の傍ら高校球児の母として息子の追っかけに奔走中。長年携わったアパレルの経験と子育ての経験を活かした情報をお伝えします。

合わせて読まれている記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です