「女の子」幼稚園や保育所用の服にピッタリ!おすすめの子供服ブランド10選

私服の幼稚園や保育園に通う時、どんな服を着せるかって最初は結構迷いますよね。

園によっても違いますが何枚も着替えが必要な所もあります。すぐに汚れるし、手頃な値段で脱ぎ着がしやすい実用的なものをお探しですか?

できれば可愛いデザインで、さらにヘビーな洗濯にも耐えられる丈夫なものがあれば言うことなしですよね。

そんな女の子ママにぴったり!よくばりな願いをかなえる幼稚園や保育所用のおすすめのブランドを紹介します。

「petit main」ママ目線で作られた着心地のよさ

女の子ブランド

ナルミヤインターナショナルが展開する「プチマイン」は、0歳から9歳までを対象にしたフレンチテイストのシンプルなデザインが特徴。

高見えする上品で大人っぽいデザインなのにプチプラという最強ブランドです。

帽子やバッグなどの小物も充実しており、園でも使えるアイテムが揃っています。

女の子らしいほんのり漂う甘さが魅力。ママブランド「リアン」とのリンクコーデも楽しめます。

petit main(プティマイン)

「H&M」セットで買うと更にお得!

女の子ブランド

「エイチアンドエム」は、スウェーデンのH&Mグループが展開するファッションブランドのひとつ。

10代の若者やベビー&キッズに向けた世界的にもトップクラスのファストファッションの代表的存在です。

シンプルなデイリーウェアからファッション性の高いものまでが全て低価格で買えるのが魅力。

広い店内を覗いてみるだけでも楽しくなりますね。3枚セットのT シャツや2本セットのレギンスなど園用にぴったりのアイテムが揃います。

「DILASH」お友達とかぶりにくいのがいい

「ディラッシュ」はアメカジ系アイテムが買える子供服ブランドです。

取り扱っているサイズは80㎝から150cmと幅広く、きょうだいで揃えてあげることも出来ますよ。

他のプチプラブランドに比べ、無地Tでもだいたい1枚1500円と少々お高めですが、デザインが良く他と被りにくいという点では本当におすすめ。

エフオーキッズやマーキーズ、ブランシェスなどのカジュアルブランドが好きな方ならきっと気に入るブランドです。

ディラッシュ(DILASH)

「GAP」おしゃれなアメカジの定番

女の子ブランド

アメリカで最大のアパレルブランド「ギャップ」は日本でも人気。自社で企画デザインから販売までを一貫して行うスタイルです。

キッズやベビーの取り扱い店舗も多いので、実店舗で買いやすいという利点あり。

トレンドアイテムよりも、定番アイテムが多く、GAPのロゴTシャツやトレーナーは誰もが1枚は持っている人気アイテム。

定価はプチプラ度が低いのでセールで買うという人が多いようですね。

「西松屋」ならココ1軒で全てが揃う

女の子ブランド

うさぎのマークでお馴染みの「にしまつや」は西松屋チェーンが日本全国に展開する、ベビー用品、子供服の専門チェーン店です。

新生児から150cmまでの洋服だけでなく、肌着やトレーニングパンツ、雨具など園で使うものは何でも揃います。

オリジナルブランドの商品開発にも力を入れており、ボトムでも1000円以下と驚くほどの低価格。品数も豊富なので、きっとお気に入りが見つかるはずです。

「DEVIROCK」3ケタの価格が最大の魅力!

女の子ブランド

「デビロック」は、実店舗を持たず、日本国内や韓国子供服ブランドから商品を厳選して販売を行うネットショップです。ベーシックなものからデザイン性のあるアイテムまで種類も豊富。

人気商品のウルトラストレッチシリーズのボトムは、カラーバリエーションも豊富。園でも大活躍間違いなしです。

この価格でこの品質はお買い得感があります。3ケタの価格設定が最大の魅力。

「BRANSHES」こだわりのオリジナルファブリック

女の子ブランド

大阪に本社を持つ「ブランシェス」は、イオングループのママ&子供のためのブランド。

実店舗も全国的に多数展開されています。生地に関しては素材やプリント全てオリジナルで制作するというこだわりよう。

また、子供が一人で着られる服をモットーに安全でトレンドを取り入れたデザインを提案。

安心して園に送り出すことができます。また、70~150cmの幅広いサイズ展開もありがたいですね。

子ども服&ママの服 ブランシェス

「b. ROOM」着回ししやすい爽やかアイテム

女の子ブランド

ナルミヤインターナショナルが展開する「ビールーム」は着心地よくリラックスしたデイリーウェアを提供するユニセックスブランド。

0歳から7歳を対象にしたカジュアルウエアを提案しています。

ナルミヤグループの中では圧倒的に低価格。爽やかなカラーを使ったシンプルなアイテムは着回ししやすいものばかり。

吸水速乾素材を使用したTシャツやお名前記入用のネームタグなどきちんと配慮され、園生活にもぴったりのブランドです。

「GLOBAL WORK」リラックスがキーワード

女の子ブランド

国内外で17つのブランドを展開するアダストリアグループのブランドのひとつ「グローバルワーク」は、20~30歳代若い世代の家族を対象に、レディースやメンズだけでなくベビーからジュニアまで幅広いサイズ展開。

素材やデザインを含め、自然体で着られるアイテムを提案。着ている本人が落ち着けるという所に比重を置いています。リラックスできるカジュアルアイテムでファミリーコーデも楽しめます。

「CIAOPANIC TYPY」大人と同じテイスト

女の子ブランド

パルグループが展開する「チャオパニックティピー」は「チャオパニック」から派生したファミリーブランド。

100㎝から140㎝のキッズサイズとキャップやバッグなどの小物も充実しています。

素材にこだわったカジュアルなアイテムは、子供っぽくない大人と同じテイスト。

オリジナルだけでなく、別注アイテムや国内外からのセレクトアイテムもあり、感度の高いファミリーも満足できるはず。

CIAOPANIC TYPY(チャオパニックティピー)

Followして"ファッションの新着情報"をチェック!
ライター:VIBHOOTI(ビブーティー)
婦人服の企画、デザイナーを経て出産後は「我が子に着せたい服」をテーマに子供服のブランドを立ち上げ、我が子が子供服を卒業するまでの12年間インディーズブランドとして活動。子育ても終盤の現在、ライターの仕事の傍ら高校球児の母として息子の追っかけに奔走中。長年携わったアパレルの経験と子育ての経験を活かした情報をお伝えします。

合わせて読まれている記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です